Topics (Log)

TOPページの過去ログを掲載しております。
(2014年11月~2015年7月まで)

  • 2015年7月28日:学会発表
    42nd Annual Meeting & Exposition of the Controlled Release Societyで中瀬特別講師が研究成果を発表しました。
    「Active Macropinocytosis Induction Potentiates Exosome-mediated Intracellular Delivery」
    I. Nakase, N. Bailey Kobayashi, T. Takatani-Nakase, T. Yoshida
  • 2015年7月26日:論文発表(Review paper)
    「Cell Penetrating Peptides for Chemical Biological Studies」
    Ikuhiko Nakase, Toshihide Takeuchi, Shiroh Futaki,
    Methods in Molecular Biology1324, 387-396 (2015).
  • 2015年7月24日:第1回学長・記者懇談会大阪府立大学 第1回学長・記者懇談会におきまして、中瀬特別講師が研究プレゼンテーションを行いました。 http://www.osakafu-u.ac.jp/news/2015/nws20150810.html
    (本学広報課の皆様、お世話になりました。)
  • 2015年7月22日:Scientific Reports「注目の論文」
    Scientific Reports(Nature Publishing Group)の日本語サイトに「注目の論文」として研究成果が紹介されました。
    「上皮成長因子受容体の活性化及びK-Ras変異体発現によって誘導されるマクロピノサイトーシスはエクソソームの細胞内取り込み効率を増強する」
  • 2015年7月17日:Webマガジン
    MichiTake+本学webマガジン「MichiTake+」に中瀬特別講師のインタビュー記事が掲載されました。
    http://michitake.osakafu-u.ac.jp/2015/07/14/ikuhikonakase/
    本学facebookでのお知らせ (広報課のスタッフの皆様、中植貴之さん、お世話になりました。)
  • 2015年7月14日:依頼講演
    生体分子素子技術を礎とするメディカルバイオ研究の最先端国際シンポジウムで中瀬特別講師が依頼講演を行いました。
    「機能性ペプチド搭載型エクソソームの開発と細胞内薬物導入」
    中瀬生彦
    (シンポジウムオーガナイザーの和田健彦先生(東北大学 多元物質化学研究所)、お世話になりました。)
  • 2015年7月9日:平野佳代さん(事務職員(秘書))が研究室の新メンバーとして加わりました。
  • 2015年7月2日:国際学会発表
    CPP Paris 2015において中瀬特別講師が発表を行いました。
    「Efficient cellular uptake of exosomes using cationic lipids and pH-sensitive fusogenic peptide」
    Ikuhiko Nakase, Shiroh Futaki
  • 2015年7月1日:昨年6月から技術職員としてご活躍されていた松沢美恵さんが、6月末をもって企業へ異動されました。大変お世話になりました。新天地でも更なるご活躍を!!
  • 2015年6月26日:依頼講演
    第15回日本蛋白質科学会年会で中瀬特別講師が依頼講演を行いました。
    「膜透過性アルギニンペプチドの細胞内移行におけるsyndecan-4及びPKCαの寄与」
    中瀬生彦、大崎勝弘、二木史朗
    (シンポジウムオーガナイザーの川村出先生(横浜国立大)、佐藤毅先生(大阪大学)、お世話になりました。)
  • 2015年6月12日:学会発表
    ナノバイオ国際共同研究教育拠点・第4回若手国内シンポジウム、第8回ナノバイオ若手ネットワーキングシンポジウムで中瀬生彦特別講師が発表を行いました。
    「エクソソームを基盤にした薬物運搬技術の開発」中瀬生彦
  • 2015年6月8日:報道記事日本経済新聞 朝刊に研究成果が紹介されました。
    「細胞が放出「エクソソーム」がん進行・転移に関与」
  • 2015年6月5日:プレスリリース
    「細胞から分泌される小胞(しょうほう)「エクソソーム」を利用した、新たな薬物送達技術を開発」 「細胞から分泌される小胞(しょうほう)「エクソソーム」の、がん細胞への取込み効率が増強される仕組みを発見」 本学facebookでのお知らせ
  • 2015年6月3日:論文発表(Original paper)
    「Active macropinocytosis induction by stimulation of epidermal growth factor receptor and oncogenic Ras expression potentiates cellular uptake efficacy of exosomes」
    Ikuhiko Nakase, Nahoko Bailey Kobayashi, Tomoka Takatani-Nakase, Tetsuhiko Yoshida,
    Scientific Reports 5, 10300 (2015)
  • 2015年5月26日:セミナー発表
    第7回光科学異分野横断セミナーにて中瀬生彦特別講師が発表を行いました。
    「ドラッグデリバリーの現状と問題」
    中瀬生彦(飯田琢也先生、飯田研究室の皆様、お世話になりました。)
  • 2015年5月26日:論文発表(Original paper)
    「Combined treatment with a pH-sensitive fusogenic peptide and cationic lipids achieves enhanced cytosolic delivery of exosomes」
    Ikuhiko Nakase, Shiroh Futaki, Scientific Reports 5, 10112 (2015)
  • 2015年5月25日:論文発表(Review)
    「Cellular uptake of arginine-rich cell-penetrating peptides and the contribution of membrane-associated proteoglycans」
    Ikuhiko Nakase, Yoshimasa Kawaguchi, Motoyoshi Nomizu, and Shiroh Futaki,
    Trends in Glycoscience and Glycotechnology 27, 81-88 (2015)
  • 2015年5月23日:研究室紹介
    平成27年度TT教室配属・大学院進学説明会ナノ科学・材料研究センター研究室紹介
    「充実した研究室生活を覗いてみよう!!」が本学で開催されました。
  • 2015年5月20日:大阪府立大学facebook本学広報課スタッフの方々との打ち合わせ様子が本学facebookに掲載されました。(広報課のスタッフの皆様、ありがとうございました。)
    https://ja-jp.facebook.com/OsakaPrefectureUniv/posts/470872789732382
  • 2015年5月15日:学会発表日本膜学会第37年会で中瀬生彦特別講師が発表を行いました。
    「マクロピノサイトーシス誘導によるエクソソームの細胞内移行促進」
    中瀬生彦、ベイリー小林菜穂子、中瀬朋夏、吉田徹彦
  • 2015年5月14日:論文発表(Original paper)
    「Dual Stimuli-sensitive Dendrimers: Photothermogenic Gold Nanoparticle-loaded Thermo-responsive Elastin-mimetic Dendrimers」
    Daichi Fukushima, Ugir Hossain Sk, Yasuhiro Sakamoto, Ikuhiko Nakase, Chie Kojima,
    Colloids and Surfaces B: Biointerfaces 132, 155-160 (2015)
  • 2015年5月8日:国際特許出願
    飯田琢也、床波志保、中瀬生彦、西村勇姿、山本靖之
    集積装置および集積方法、微小物体集積構造体の製造装置、被分離物質の分離装置、ならびに被導入物質の導入装置(国際出願番号:PCT/JP2015/063364)(国際出願日:2015年5月8日)
  • 2015年4月24日:TT教員研究室 新歓大変楽しい新歓になりました。野内研の松本さん、幹事お疲れ様でした。

  • 2015年4月1日:2015年度スタート!
    長浜バイオ大学から野口公輔さん(M1)が研究室に新メンバーとして加わりました。
  • 2015年3月24日:学位記授与式学位取得の皆様、おめでとうございます。
    (ナノ科学・材料研究センター集合写真)

    (理学研究科(生物)卒業祝賀会)

  • 2015年3月23日:講演三重大学 テニュアトラック 普及・定着事業シンポジウム—研究者をめざす若手に新たな可能性の扉を開く—で中瀬特別講師が依頼講演を行いました。
    (三重大学 島岡要先生、吉岡基先生、堀内孝先生、シンポジウム関係者の皆様 お世話になりました)
    「機能性ペプチド修飾型エクソソームの細胞内薬物送達」中瀬生彦
  • 2015年3月1日:論文発表(Review)
    「Chemical Biology for Pharmaceutical Science-Integrative Approaches for Elucidation of Biological Phenomena-」
    Ikuhiko Nakase, Wataru Nomura, Yakugaku Zasshi 135, 373-374 (2015).(Review)
    「Creation of Artificial Receptors Activated by Coiled-coil Peptides and Cellular Regulation」
    Ikuhiko Nakase, Yakugaku Zasshi 135, 375-381 (2015).
  • 2015年2月27日:講演理化学研究所(和光市・田中生体機能合成化学研究室 主催)での理研セミナーで中瀬特別講師が依頼講演を行いました。
    (田中克典先生、田中研の皆様 お世話になりました)
    「Intracellular delivery based on cell-penetrating peptides」
    Ikuhiko Nakase
  • 2015年2月5日:研究室説明会平成26年度 TT教室配属・大学院進学説明会「ナノ科学・材料研究センター研究室紹介」を開催しました。
  • 2014年11月24日HPを開設しました。